中古レンズ / Kenko MC MIRROR LENS 500mm F8

<2017/05/21>

中古の超望遠レンズを購入した.

試しに撮ってみるとあまりに白い,あまりに曇る.

なんとか補正して色合を再現してみるも,あまりに暗くぼけてしまっている.

TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC PZD MACROを使って撮った写真をトリミングしておよそ500mm (換算800mm) を再現してみてもKenkoの500mmと比べるまったく映りが違う.

最初はレンズフードが無いことでフレアを起こしているかと思ったが,なにかがおかしい.

LEDライトを当ててみると曇りが見える.

フレアの影響も考えられるが,映りに曇りが影響しているのは間違いないだろう.

近日中に分解修理するためにカニ目レンチを注文した.

【C++14/ New language features】Function return type deduction

C++14 – Wikipediaを引用しながら,C++14の新機能を Nov. 21st 2015 現在の掲載順に学んでいく.

  1. Function return type deduction
  2. Alternate type deduction on declaration
  3. Relaxed constexpr restrictions
  4. Variable templates
  5. Aggregate member initialization
  6. Binary literals
  7. Digit separators
  8. Generic lambdas
  9. Lambda capture expressions
  10. The attribute [[deprecated]]

今回は掲題のとおり,Function return type deductionについて調査する.
★は引用文の対訳である.誤りがあれば指摘をお願いしたい.
Continue reading “【C++14/ New language features】Function return type deduction”

ns-3におけるrouter solicitationとinterfaceのforward

ns-3において,IPv6のrouting protocol moduleを開発するさい,Icmpv6が自動的にrouter solicitationを流してしまっていた.routerとして振る舞うnodeはIpv6Interfaceのforwardingをtrueにしなければならないようだ.

According to the ns3::Ipv6Interface forwarding state, the following happens:

Forwarding OFF
The node will NOT reply to Router Solicitation
The node will react to Router Advertisement
The node will periodically send Router Solicitation
Routing protocols MUST DROP packets not directed to the node
Forwarding ON
The node will reply to Router Solicitation
The node will NOT react to Router Advertisement
The node will NOT send Router Solicitation
Routing protocols MUST forward packets

IPv6 – Model Library: https://www.nsnam.org/docs/models/html/ipv6.html

web logging

vim-jp, http://vim-jp.org

vim-jp はテキストエディタ Vim と日本・日本語に関わるあらゆるリソースを集約することを目的としたコミュニティです。


kivy, http://kivy.org

Kivy – Open source Python library for rapid development of applications
that make use of innovative user interfaces, such as multi-touch apps.

TwoLines v0.2 – 研究発表のためのKeynoteテーマ

修士の研究発表のためにKeynoteのテーマを作っている.Keynoteは優れたスライド作成アプリケーションであるとは思うが,既存のテーマがどうにも派手すぎて研究発表に不向きであると感じていた.また様々なユーザがWEB上でテーマを公開しているものの,どうにもオシャレすぎるものが多くピンとくるものがなかった.そういった経緯からテーマを自作するに至った.

まだフォントセット(?)や矩形パターンセット(?)に問題も多く修正すべき点も多いが,ひとまず形となったので公開しようと思う.

TwoLines v0.2: Download

Continue reading “TwoLines v0.2 – 研究発表のためのKeynoteテーマ”